みんな合コン行かん?

定期的に合コンを開きたがる。合コンで何かが起きたためしはないけれど、田舎に住んでいるせいか、あまり出会いの場という出会いの場はない。

学生時代に初めてした合コンも、男の先輩と「合コンってしてみたくね?」というノリで始まったものだ。

類は友を呼ぶとはよく言ったもので、わたしの周りの友人はだいたい恋人がいない。

というか女友達あるあるなのかもしれないが、女友達と仲良くしているときはだいたい恋人がいないのだ。

というわけでこんなコロナ渦も田舎にはあまり関係なく(とはいえしっかり予防はしながら)合コンを開催する運びとなった。

そもそもわたしが容姿にあまり恵まれていないうえに、よくしゃべる。

なんなら合コンを定期的に開きたくなるのも、自分のコミュニケーション能力の確認の為だったりする。

兎に角みんな気持ちよくしゃべって欲しい。そして出会いがあればわたしはとてもうれしい。

昔は確かに出会いも求めていた。けど今はなんかもうみんな幸せになって欲しい。

マージンでも貰ってんのか?ってくらい自分の欲望がどこにも出てこないが、わたしは恋人ができればラッキーくらいの気持ちだ。そんなことより頼むからみんな幸せになってくれ。(まあみんな幸せになったらそれはそれで焦るんだけどね)

 

友人が雑に扱われているのを見るのがとても嫌だ。

わたしには素敵な友人しかいない。素敵な友人なのにクソみたいな男と出会っているのがわたしはつらい。もっと素敵な男性と出会って素敵な恋をしてほしい。

友人に恋人ができなくてつらい思いをしていて、わたしにできることがあるならできる限りしたいし、幸せになって欲しい。

たのむからみんなしあわせになってくれ~~~~~!!とりまわたしと合コン行くとみんな彼氏できるから一緒に合コンいかん?みんな幸せになってよ。

令和2年8月26日

天気はいいし暑いけどオフィスは涼しい。

朝起きていつもより早い時間に家を出れたのに、職場に着いたのはいつもより10分遅かった。なんで。

職場の先輩は昨日からリフレッシュ休暇を取っていて、もともと人数の少ないうちの職場はバタバタだけど、時間はゆっくりと過ぎている感覚なのにもうお昼だ。

心地よい忙しさの中で時間が過ぎていく。ちょうどいい。

アロマキャンドルが欲しいなと思いながら無印の通販を調べた。

グレープフルーツのにおいには食欲を抑える効果があるらしい。帰りに買ってみようかと思う。

自己肯定感

会社の健康診断の時期だ。

体の健康と同時に、メンタルチェックも行われる。福祉の仕事をしており、さんざん勉強したせいか、どう答えたらメンタルチェックに引っかからないかがなんとなくわかる。メンタルチェック、ザラすぎて、きっと福祉や心理の勉強をしていない人でも低くも高くもできると思う。

まあそれでも、実際自分がストレスを感じているのにストレスチェックを低くしたところで、何も自分に得はない。ストレスチェックで高ストレスと出て怒られるような会社なら、それこそいる価値も意味もない。速攻やめてやる。

そんな話を会社の先輩としていたら、ふと去年のメンタルチェックの結果が出てきた。結果は高ストレス。かなりストレスが高い状態だったらしい。その当時は、相談したところで変わりっこない…なんて思って何も相談もしなかったが、逆に今の環境を思ってみれば、めちゃくちゃストレス状態にあったと思う。

仕事は覚えられないうえに高圧的な上司「わからないことは聞いてね」と言われながらも聞けるはずのない職場。毎日が針の筵で、職場で心安らぐことなどなかった。

ひとつミスをすれば「確認が甘い」から始まり、人間性、育成歴にまで言われることも多くあった。

そんな去年の自己肯定感は本当に地の底まで落ちていて、わたしは何をしてもダメな人間で、毎日毎日仕事に行くのも、生きているのも嫌だった。

なんで生きて、なんで仕事をしているのかもわからなくて、恋愛もうまくいかなくて、セフレに依存して、毎日死にたいとばっかり思っていた気がする。

そんな当時に死にたい思いを吐き出すために始めたのがTwitterだった。

ありがたいことに仕事で死にたいツイートにいいねが付けば生きててよかったと思えるほどに疲弊した毎日だったかもしれない。

今ではミスをしても笑って許される環境(ミスと言っても本当に小さな入力ミスなんかだ)に身を置いて、なおかつ自分でも自分を好きになれるように努力ができる。どんどん自己肯定感が右肩上がりを見せている。

「わたしは生まれつき自己肯定感が低いから仕方ない」「親に褒められた経験がないから自己肯定感が低い」「自己肯定感が高くなるならとっくになってる」そんな風に言う人も多い。

わたしはすぐに昔あったことをすぐ忘れてしまうタイプのシンプルなバカなので「前はこんな風に言っていたよ」なんてよく言われるくらいに、今では自己肯定感が低かった日々にどんなことを思っていたのかをぼんやりとしか思い出せないくらいだが、自己肯定感が低かったという事実は覚えている。

自己肯定感が低いととにかく負のループだ。仕事で失敗して、自己肯定感が下がって、恋愛や友人関係でなんとか持ち直そうとして寄りかかりすぎてうまくいかなくなって落ち込んで、自分の価値がどうなのかわからなくなって、病んで寝不足になったりご飯が食べられなくなったりして、また仕事でもミスをして…とうループを繰り返していく。

逆に今はどうだろう。仕事は楽しいしうまくいっている。自分が仕事ができるようになったというわけでは決してないが周りの環境が兎に角良い。仕事が出来なくて注意されることはもちろんあるけれど、人格や育成歴まで遡ってねちねちと言われることはない。

去年は、平日が毎日我慢の連続だったから、週末や仕事が終わった後の時間は、何とか別の事で気を紛らわせたくて、誰かしらと連絡を取り続けていないと嫌だったり、週末は何かしらの予定が入ってないと辛かった。

今となっては、別に週末に予定がなくても、自分のことをしたり、だらだらしても苦に思わなかったり、本当に大事な人にだけ時間を使えるようになったと思う。

その分自分の中にあった「誰でもいい」という感情が抜け落ちたことで「自分と過ごすために時間やお金を使ってくれている」という前提のもとで人と関わるようになったら、相手を尊重できるようになって、対等でいい関係を築けるようになったと思う。

今の人生は、確かに彼氏はいないし、年下くんのことを時々思い出して古傷がじゅくじゅくと痛むことはあるけれど、概ね元気だし平和だし幸せだ。

だから今しんどい思いをしている人も、いつか来る春に向けて無理せず温存しながら耐えてほしい。もちろん、自分の力で抜けださないといけないこともあるかもしれない。けど、あけない冬はないよ。

だってみんな好きな人とじゃなくたってセックスできるじゃん

不倫や浮気についての記事(よく考えたら盆明けからとてもヘビーだ)についていろいろ書いていたら、自分の根本的な問題が見えて来た気がした。

やっぱりどうしてもわたしは年下くんへの恋心が忘れられないらしい。

約1ヶ月ご飯が食べられなくなって、10キロ以上体重が減って、半年経っても、一年経っても、思いに蓋をして、もう忘れたと笑っていても、ふとした瞬間に蓋が外れてわんわんと夜中じゅう泣いてしまう。

どんな恋だよ。果たして恋だったのかさえもわからないのに。

 

この考えの根本にあるものは、そもそも浮気や不倫への罪悪感ではなく「だってみんな好きな人とじゃなくたってセックスできるじゃん」だ。

わたしも、これまでわたしを抱いて来た男も、みんなそうだ。好きな人じゃなくたって抱けるし身体を許せる。

もともとパーソナルスペースもガバガバだし、性欲の強さも相まって貞操観念はガバガバだ。

それでも、いちばん欲しいこころのつながりの代わりにからだのつながりがあるのは、なんだか心地がよかった。

でもやっぱり、身体だけのつながりの「セックス」なんかよりもよっぽど強くて離れられない「すき」にわたしは勝てない。

たぶんそれがくやしい。

たった1人からの「すき」をいつまで経っても貰えないこんなわたしは、どうやら愛されないことに駄々をこねているらしい。

言ってることはめちゃくちゃだし、そういうことを言ってるから「すき」をもらえないのだ。そんなのわかってる。

それでもみんな好きな人じゃなくたってセックスできる。じゃあいいじゃん。「セックス」なんかよりとくべつで、いちばんだいじな「すき」はあなたにしか与えられてないよ。安心しなよ。

そんなふうに拗ねて、乱暴に身体を重ねる。身体を重ねている間だけは「すき」の間が埋まっているような気がしたのかもしれない。そんなわけないのだってわかってるのに。

こんなことをしていればどんどん心はすり減ってしまう。

倫理観part2

f:id:hansubody:20200818130130j:image

 

うんこみたいなブログ記事を書いたので何かしら批判やアクションは来るかなと思っていたのですが、 案の定頂きました。ありがとうございます。

結論から言うとめちゃくちゃ嫌です。けど、知らないことはわたしの世界で存在しないことなので、知りたくないし知らせたくないよ。

いや、とんでも理論。バカかよ。色々考えたのでちゃんと書きますね。

 

ブログやTwitterではできるだけやさしい言葉を扱うように心がけていたので、ショックを受けた人ももしかしたら中にはいるかもしれません。

浮気をされて心に傷を負った方もたくさんいると思います。

けれど自分の倫理観がおかしいことは承知しているし、嘘もつけません。(まあ書かないことはできるけどね)ごめんなさいというのも違うよね。

そもそも本当におっしゃる通り、類友すぎて、周りの友人含めて浮気をしそう・する・していた人が多いんですよね。

別に浮気ってなんで悪いの?っていう風に思い始めたのは前の彼氏と別れてからのことなので、そもそもわたしに恋人がいて浮気をしたことはないです。

それに、前の彼氏とは殆ど浮気をされたみたいな状態で別れています。まじで類友だね。そのころ別に浮気がどうこうとか思ったことないけどね。

どれくらいをもって多いかはわからないけど、周りに2,3人いれば、価値観が変わるのもうなずけるような気がします。

価値観は環境で作られるということで、「ふつう」はじぶんとじぶんのまわりからつくりあげられた偏見にすぎないという話を記事にしたこともあります。

まわりのせいにするわけでもなければ、そんな人がまわりにいる環境を哀れに思う人もいるかもしれません。まわりのせいにして、自分の欲求を正当化しているのかも。

もっと素敵な、いちずで人を裏切らない素敵な人ばかりの場所に身を置いていたら、そんな風に思わないかもしれない。そもそもそういう周りに流される自分の価値観のゆるさが悪いという人もいるかもしれない。

それでもわたしは見てきてしまったし、やっぱり大事で失いたくない人がいても浮気をする人はいる。

というか、ちんちんでもの考えすぎ男に出会いすぎて、しかもそんな男性を受け入れつつも、しっかり流されてしまう自分も含めて、見下しているんだと思う。

ゆがんでるなあ。書くにつれて落ち込んできた。いつのまにこんな風になったんだろう。

別に好きな人とじゃなくてもセックスはできる。愛と性欲はどうやら別物らしい。

わたしだってそうだし、あ、わたしがそうだからそういう人が寄ってくるのかな。実はそんなにいないのかな。

全人類にアンケートを取るわけにもいかないし、やっぱりわたしのまわりがわたしの世界になってしまう。ごめん。そういう人しかいない世界に早く行きたい。

え、まってわたしのここでいう「浮気」について説明させてもらってもいいですか?

①バレるようならやるな

➁本命になる気は毛頭ない

③自分に恋人がいる時はしないよ

~解説~

①正直どうしたらバレないかなんてどうしようもできないよ。でもやるならバレないようにやって。わたしもわざわざバラすようなことはしないし。わたしがどうこうできることじゃないから恋人がいる人への依頼です。そのための協力ならするよ。

➁本命になる気マジでないよ。本気になったとしても取ったりしないよ。キャッチアンドリリース。でも、恋人のこと一番大事だし一番好きじゃん。見てればわかるよ。なのになんでわたしとセックスするんだろうね。わかんないや。っていうかそういう人ってわたしとしなくても他の人とするじゃん。そしたら別によくない?

③自分に恋人がいる時はマジしないよ。したことないよ。だって恋人としたいし。無駄撃ちする必要なくない?

こんな感じ。まあニュアンスを伝えたところで、浮気は絶対的悪だ!という人が多いのは当たり前の価値観だと思う。

でもそもそも浮気って浮ついた気持ちって書くじゃん?気持ちが浮ついてないならそもそも浮気じゃなくない?みんな色々トータルで考えて彼女の事一番大事にしてると思うんだけど。それはへりくつすぎ?

色々書いてはみたけれど、やっぱりわたしは付き合ってる人が浮気をしていて、それを知ることになるのが嫌だよ。ショックだし、血の気が引く感覚に陥る気持ちはわかるよ。

けどバレないようにやる分には、それはきっとないことだから、できるならどうぞと思う。

わたしは恋人を悲しませたくないし、失いたくもないし、バレないようにやる自信がないから、自分に恋人がいる時は浮気はしないよ。

でもあなたの恋人はわたしにとっての大切な人でもないし、義理立てる必要もないと思うんだよ。わたしはセックスが好きだし、できるならラッキーくらいのきもちで誘われればセックスするよ。ごめんだけど、自分の大切な人は自分でちゃんと守ってよ。

言ってることめちゃくちゃだね。